【19.03.19】新連載「ホテルユニフォーム会計のトリセツ 〜元外資系ホテル・ファイナンシャルコントローラーによる非経理ホテルスタッフに贈る経理コラム」by 福永健司

image/190319-092324-image.jpg

ホテルの関係者全員が、同じ基準でそのホテルの運営パフォーマンスの成績が分かる全世界共通のモノサシが、「ホテルユニフォーム会計」です。ホテルのグローバリゼーション(ヒトやモノやカネが国境を越えてビジネスが展開される状態)が加速し、ホテルを持つ企業と運営する企業がどんどん分かれていく昨今、いろんな関係者(ステークホルダー)とのコミュニケーションに、この「ホテルユニフォーム会計」が必要になっていますし、今後、この会計基準でPLを作成せざるを得ないホテルや旅館も増えてくることが予想されます。

そうした環境を見据え、宿屋大学は、PHM講座で毎回「ユニフォーム会計」を講義下さる福永健司氏に連載を依頼。隔週で、「ホテルユニフォーム会計」の基礎知識から、導入手順まで詳しく紹介していただきます。


【連載】

 プロローグ 「数値=相棒」
 第二回 売上?収入?所得?売上にまつわる話




【目次】(予定)

➀売上?収入?所得?売上にまつわる話
A費用ってひとつじゃないの?
➂やっぱりこれが肝心…利益
C損益計算書にだまされるな
Dホテルユニフォーム会計の正体
Eホテルユニフォーム会計を使っていかに暴れるか?
Fホテルユニフォーム会計の導入
G数値はビジネスをする上での相棒である
Hファイナンシャルコントローラーの視点
Iファイナンシャルコントローラーの役割


【福永健司氏のプロフィール】
 http://www.yadoyadaigaku.com/koushi/fukunaga.html

image/190319-092354-fukunaga03.jpg


ページトップ